MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 肩関節前方脱臼②

肩関節前方脱臼②

2018.12.03 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は肩関節前方脱臼で痛めやすい筋肉や靭帯についてお話します。

 

 

肩関節には関節上腕靭帯といわれる靭帯があります。

上、中、下と分かれており前方脱臼を起こした際には

下関節上腕靭帯を痛めやすいです。

 

他には肩甲骨にある関節窩(かんせつか)と呼ばれる腕の骨の受け皿にある

関節唇(かんせつしん)という軟骨を削ってしまうこともあります。

 

前方脱臼を起こす時腕が上後方に向かって強制されていることが多いので

腕を下に引き内に寄せる筋肉が弱っています。

例にあげると小円筋、大円筋、広背筋などです。

 

1度脱臼を起こしてしまうと繰り返して発症することが多くなりますので

再発しないように上であげた筋肉を鍛える必要があります。

 

 

次回はそれらのトレーニングについてお話します!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日