MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 肩関節前方脱臼

肩関節前方脱臼

2018.11.26 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

前回までで首から足まで一種類ずつほどのケガについて

お話できましたので今回からはスポーツでもよく起こるケガを

注目して説明していきます。

 

 

「肩関節前方脱臼」(かたかんせつぜんぽうだっきゅう)

肩甲骨と上腕骨(二の腕の骨)をつなぐ関節が外れることです。

 

前方脱臼とは上腕骨頭と言われる肩甲骨とつながる部分が

前に飛び出ることをいいます。

 

野球のヘッドスライディングや

サッカーのキーパーが遠い球をキャッチする時などに起こります。

 

この時、肩関節覆う筋肉、靭帯や関節軟骨が同時に損傷している場合があり

とても痛いです。

 

よく腕の力を抜いて斜め下に引っ張ると関節に収まると言いますが

資格を持たない人がやるのはとても危険ですので一番楽な姿勢にして

すみやかに整形外科へ行きましょう。

 

場合によっては手術を行うこともあります。

リハビリもとても時間がかかりますので無理なスポーツ復帰には

注意が必要です。

 

 

次回はどのような筋肉や靭帯が傷つきやすいかお話します!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日