MENU TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 脊柱管狭窄症③

脊柱管狭窄症③

2018.11.14 | Category: 腰痛

こんにちは!!

あさかわ鍼灸整骨院の小坂です!

今回も脊柱管狭窄症について書いて

行きたいと思います( ̄▽ ̄)

☆脊柱管狭窄症の症状

神経の圧迫のされ方によって症状が異なって来ます(ーー;)

神経が圧迫されるタイプの脊柱管狭窄症では

間欠性跛行と呼ばれる症状が代表的です!

間欠性跛行とは、一定の距離を歩くと足にしびれや痛みが出て

休む(しゃがむ・座るなど)ことで

再び歩けるようになる症状の事です(^-^)

休むことなく歩ける距離は、重症度によって大きく変わって来ます!!

数百メートルごとに休憩を挟めば歩けることもあれば

ほとんど歩くことができないこともあります(ーー;)

その他に下肢のしびれと痛みを

自覚するタイプの脊柱管狭窄症もあります!

初期には片方の足のみに症状が現れて

進行に従い両足に症状が広がるという経過をたどって行きます!

さらに、脊柱管狭窄症では酷くなると

排尿障害を呈することがあります(ーー;)

☆脊柱管狭窄症の検査・診断

脊柱管狭窄症の診断は、レントゲン写真やMRI

脊髄造影などの画像診断をもとに判断します!

こうした画像検査を通して椎間板の変化や

脊柱管の狭窄具合、中を通る神経への圧迫

などを確認して判断します!

皆さんも当てはまる症状が出ていたら

受診してみてはいかがでしょうか?

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日