MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 足首のケガ

足首のケガ

2018.10.22 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回からは足首のケガについてお話していきますよ!

 

 

「内反捻挫」(ないはんねんざ)

みなさんもよく起こるねんざのことです。

歩いたり走ったりした時やスポーツ中のステップ動作などで

足首から先を内にひねってしまうことで起こります。

 

その時、足首の中では炎症が起こり、靭帯が傷ついている場合があります。

 

損傷する靭帯は足首の外側に付いているもので

前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯があります。

これらをまとめて足関節外側靭帯といいます。

 

損傷の重症度は一般的に3つに分けられ

ひどい場合は外側靭帯が全て断裂してしまうこともあります。

 

スポーツ中にこのケガを負った時はアイシングをして

心臓よりも高い位置に上げましょう。

 

早く治すコツは痛みのある間は安静にしておくことです。

 

 

次回は靭帯や重症度について詳しくお話します。

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日