MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪の手術をしても再発します

巻き爪の手術をしても再発します

2018.10.19 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪補正を行っています。

 

巻き爪でお困りの方の中には、

以前に皮膚科で巻き爪の手術をした経験がある

という方も結構いらっしゃいます。

 

どのような内容かとお聞きしますと、

巻いている爪の端っこを切り取ってその部分の爪が

2度と生えてこないように薬品を塗るという手術だそうです。

 

爪を拝見しますと、確かに両端が無くなって爪が小さくなっています。

 

しかし、残った爪が巻いています。

 

巻き爪の治療や補正の方法はたくさんありますが、

巻き爪になる根本原因を解決しないと

何をやっても再発します。

しかもそれが痛い思いをして変な形になった爪ですと

補正もしにくいですし、悲しくなってしまいますね。

 

大切なのは、広がった爪に体重を乗せることです。

 

足の指先にしっかりと体重を乗せて歩いたり、

立ったりしないと爪は巻きます。

巻いている部分をどんなに取り去っても

指に体重が乗っていないと、残った爪が巻くのです。

 

当院では巻き爪の補正を行って、

ある程度爪が広がってきたら

足の指に体重を乗せる方法を

必ずお教えします。

 

で、実際に毎日ご自宅でトレーニングをしていただきます。

 

しっかりとトレーニングができている方は

予定より早く施術を終了できますし、再発の心配もありません。

 

しかし、うまく体重を乗せれていない方は

やっぱり再発してしまうようです。

 

巻き爪ではない方も巻き爪の方も

常に足の指先に体重を乗せる癖をつけるように

意識してください。

それが、予防にもなり再発防止にもなります。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日