MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪の先の白い部分は少し残しましょう

爪の先の白い部分は少し残しましょう

2018.10.05 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

いろいろな患者さんの爪を見ていますと、

爪の先の白い部分を綺麗に取り去っている方が

結構いることに気づかされます。

 

結論から言うと、お奨めしません。

 

爪の先の白い部分は残しておいてください。

 

何人かの方に「どうして切り取ってしまうのですか?」と

お聞きしたことがありますが、

ほとんどの方が、「白い部分が無い方がスッキリして気持ち良い。」と

おっしゃっていました。

清潔好きな女性に多い傾向にあります。

 

確かに、爪の先に白い部分が残っていると

切り残しているような感じがしますし、その部分に

ゴミが溜まったりして黒ずんだりすると不潔に見えます。

 

しかし、爪の先の白い部分は1mm程残しておいてほしいです。

 

完全に取り去ると深爪です。

 

深爪は本当に良くありません。

長い爪より良くないです。

 

特に足の場合は、巻き爪になります。

 

巻き爪で済んだらましですが、

爪が皮膚に潜り込んで陥入爪になると

爪が伸びなくなりますし、爪の端が皮膚を切って

とても痛くなったり、出血したりします。

 

陥入爪になるかならないかは、爪の切り方次第ですので

充分に予防できることなのです。

陥入爪で苦労している方をたくさん見ていますので、

当院では深爪をお見かけすると

ご注意を促すようお声をかけさせていただいています。

 

もし、綺麗に爪を切り過ぎている方がいらっしゃれば、

すぐにでも止めるようにしてください。

 

理想的な長さは、爪の先の白い部分が1mmほど

残っている長さです。

で、爪の端の角は斜めに切らずに四角く切ってください。

(角を少し削って丸くするのは構いません。)

 

正しい長さに整えて、陥入爪を防ぎましょう。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日