MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪が剥がれた後に気を付けること

爪が剥がれた後に気を付けること

2018.09.21 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

何らかのトラブルが原因で、爪が剥がれることがあります。

病気や事故、足の指に何かを落としたり、

つまづいて爪がめくれたり。

 

そのようなトラブルに見舞われた時は、

とにかく消毒です。

 

特に足の爪を剥がしてしまう率が高いと思いますが、

足の指はばい菌がいっぱいいます。

それらが剥がれた爪と皮膚の間に入ってしまうと

思わぬ感染症に見舞われる可能性があります。

 

その後は、無理に爪を触らずガーゼを巻いて

安静にすることなのですが、

大切なのはここからです。

 

手の爪の場合は心配ありませんが、

足の爪の場合できるだけ

剥がした爪の指先に体重が乗らないように

心がけた方がいいと思います。

 

特に親指の場合、歩く時に体重が乗り易い。

 

綺麗に正しく歩けている方はなおさらです。

 

爪が無い指に体重を乗せてしまうと

指先の先端の骨(末節骨)が地面からの圧力で

上に押し上げられてしまいます。

 

本来なら、爪がその末節骨を上から抑え込むので

指先はまっすぐに伸びているのですが、

爪が無い状態だと、上から抑えるものがないので、

指の先端がぴょこんと膨れ上がってしまいます。

 

そうなると、今度はその皮膚が邪魔をして

爪が伸びなくなり、

結果として「爪甲鉤彎症」に発展してしまうことになるのです。

 

ですので、「爪甲鉤彎症」にならないようにするために

爪が剥がれた後は出来るだけ安静にして

体重をかけないように1年くらい辛抱してください。

 

しかし、もうすでに「爪甲鉤彎症」になってしまった場合でも

爪の状態によっては元に戻せますので、

お困りの方はご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日