MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪の形質で補正期間が変わる

爪の形質で補正期間が変わる

2018.09.14 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

日々、たくさんの爪を見ていますと

顔と同じくらい様々な形や質の爪があることに気づきます。

そして時にはその爪の形質が補正期間の違いになったりもします。

 

通常、軽度の巻き爪の場合、

補正期間は6カ月で終了するのですが、

爪がしなやかで、尚且つ足の親指にしっかりと

体重が乗っている方は、2,3カ月で美しい爪になります。

 

その反対に、爪が硬い方や浮き指の方の場合、

6カ月を超えることもあります。

 

しかし、爪の硬さや形はある程度その方々の個性なので

仕方がありませんが、

親指に体重を乗せて歩くという行為は

努力次第で矯正することが可能ですので、

補正期間が長くなることを悲観する必要はないのです。

 

巻いている爪が少しでも外側に広がってきたら

足の親指に体重を乗せていくタイミングです。

すると、器具で広げられた爪が

より大きく外側に伸ばされるようになり、

爪の根元までしっかりと平たくなります。

 

巻き爪補正を行ったら積極的に足の親指に

体重を乗せましょう。

やり過ぎておかしくなることはないです。

毎日毎日、何回でも何分でもいいのでどんどん乗せましょう。

 

すると、必ず補正期間は短くなります。

 

私達の仕事は、巻き爪補正のお手伝いです。

爪の形を整えて、広げて差し上げますので、

後は皆さんの努力で美しい爪に仕上げてください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日