MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 弱い爪を丈夫にする

弱い爪を丈夫にする

2018.09.07 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

茨木市にあるあさかわ鍼灸整骨院では、

特殊なプレートを使って巻き爪の補正を行っています。

 

日々、巻き爪の補正を行っていますと

いろいろな爪に出合います。

中でも数が多く、補正に慎重を要する爪が

薄くて弱い爪をお持ちの患者さんです。

 

比較的若い女性に多いようです。

 

爪がすぐに折れてしまったり、欠けたりするので

注意深く爪をケアしながら補正を行っています。

 

本来爪は年齢とともに厚くなっていくものですが、

若いからと言って全ての方が薄くて弱いというわけではありません。

極端に弱い爪の場合は、何らかの問題があるので

原因を突き止めて対策をしていく必要があります。

 

爪が弱くて折れやすい原因として大きく3つあります。

1. 栄養が足りていない。

2. 爪が乾燥している。

3. 爪の水分が多すぎる。

ご自身の爪がどの原因に当てはまるか検討して

対策をしていきましょう。

 

まずは、栄養です。

爪に必要な栄養は、ケラチンというタンパク質です。

カルシウムではありません。

ケラチンは「肉・魚・大豆製品・卵・牛乳などの乳製品」に多く含まれています。

これらのタンパク質を毎日摂ってしっかりと体に栄養を与えましょう。

 

そして、鉄分やビタミンの摂取も必要です。

これら栄養補助食品はタンパク質合成やコラーゲン生成を

促す効果があるので、積極的に摂るべきです。

 

上記の様に栄養をしっかりと摂ったうえで、

爪の乾燥には、ハンドクリームやネイルオイルを塗って

保湿をしてあげる対策を施したり、

逆に水分の多すぎる爪には

水仕事をする時に手袋をするとか、

長風呂を控えるなどの工夫をしていくのが望ましいと思います。

 

後、アセトン入りの除光液を使うと、

使用後に爪がものすごく乾燥しますので、

頻繁にネイルの交換をしないように心がけましょう。

アセトンフリーの除光液を使うようにしてもいいですね。

 

爪は意外と目に入る部分ですので、

栄養を充分に摂って丈夫で綺麗な爪を作り、

健康的な指先を手に入れましょう。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日