MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > マニキュアの塗りっぱなしは大丈夫か?

マニキュアの塗りっぱなしは大丈夫か?

2018.08.03 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

暑い夏が続いておりますが、

この時期、女性はサンダルを履く機会がおおいですよね。

で、それと同時にマニキュアを塗ることも多いと思います。

 

では、マニキュアを塗りっぱなしで爪に影響はないのでしょうか?

 

結論から言いますと、

少しの期間放置する分には爪に対して大きなダメージはないとされています。

 

むしろマニキュアをするうえで、気をつけたいのはリムーバーの方です。

リムーバーはマニキュアを落とすだけでなく、爪表面の水分や油分まで

落としてしまい、爪が乾燥したり変色してしまう原因になります。

 

それ故に、頻繁にマニキュアを塗り直していると、リムーバーの

使用頻度が上がる為、爪が乾燥して白くなったり、割れやすくなったり、

周りの皮膚を傷めてしまう可能性がでてきます。

 

結果、マニキュアは塗ったらすぐに落とすのではなく、数日は

塗りっぱなしにした方が爪の為に優しいと言えます。

 

ただ、気をつけたいのは放置しすぎて剥がれてきた場合です。

マニキュアの重ね塗りはしないようにしましょう。

 

マニキュアと爪の間はジメジメした環境になり易く、その上に

重ね塗りをしてしまうと、白癬菌などの細菌が増殖する

格好の環境に育ってしまいます。

 

白癬菌に感染しますと爪水虫に、緑膿菌に感染しますとグリーンネイルに

と爪のトラブルの温床になり得ますのでご注意ください。

 

マニキュアは基本的に塗りっぱなしでも大丈夫ですが、

爪の健康のためにも定期的に落として爪を休ませてください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日