MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 生理的な爪のカーブ

生理的な爪のカーブ

2018.07.05 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

人間の爪は正面から見ると少しカーブしています。

当院で使用している巻き爪角度表において

10~30度くらいのカーブが理想的です。

少しカーブしていることによって

力が1点に集中することを防ぎ、

爪が割れてしまう危険性を回避しています。

 

あまりにも真っ平ら過ぎる爪ですと強度が落ちるので、

そのような爪をお持ちの方は強く物にぶつけたりしないように

お気を付け下さい。

 

逆にカーブが強くなって40度を越えてくると

巻き爪の心配が出てきます。

一旦内側に爪が巻き始めると、爪の裏側の張力が

表側よりも強く働くようになるので、

どんどん巻きがきつくなります。

 

60度を越えてきますと

自力で元に戻すことが困難になってきます。

巻き爪が進まないうちに補正を受けることを

お奨めします。

 

一度、ご自身の爪がどんな状態か確認して

対処してみてください。

もし、わからないことがあれば

遠慮なくご相談ください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日