MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 巻き爪予防に正しい靴の選び方

巻き爪予防に正しい靴の選び方

2018.06.08 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です

 

巻き爪予防の方法はたくさんありますが、

靴の選び方、履き方も巻き爪予防になりますので

ご購入の際には気をつけたいものです。

 

足に合わない靴を履くと、

疲れやすくて腰や膝に大きな負担をかけるだけでなく、

外反母趾やタコができる原因になります。

その状態が長引くと足の形が変わってしまう怖れがあります。

 

足の形が変わると足の親指にしっかりと

体重が乗らなくなり、爪が巻いてくるようになります。

 

きちんと足に合った靴を選びましょう。

 

まずは、かかと。

かかと部分が軟らかすぎず、適度に硬さがあり、

かかとになるべく隙間の無いものを選びましょう。

 

次に、つま先。

足の長さよりも0.5㎝~1㎝程の余裕を持たせましょう。

きっちりすぎると、歩いているうちにつま先が靴に衝突して

爪が曲がったり、指が曲がってハンマートゥーになったりします。

また、余裕があり過ぎると、靴の中で足が動きすぎて

これも靴の先につま先が衝突する要因になります。

 

次に理想を言うなら、足の型に応じた形の靴を

選択する方がいいでしょうね。

足の型は3パターンありまして、

親指が一番長い「エジプト型」

人差し指が一番長い「ギリシャ型」

すべての指が同じ長さの「スクウェア型」と分けられます。

 

それぞれ、

エジプト型は「オブリークトゥ」

ギリシャ型は「ラウンドトゥ」

スクウェア型は「スクウェアトゥ」がよろしいようです。

 

足に合わない靴は全身に影響を及ぼすことは

皆さんご存知だと思います。

しかし、足の爪にもものすごく影響を与えていることを

知っていただきたいです。

靴選びの基本を理解して、正しいサイズの靴を選んでください。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日