MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ > 手首のケガ

手首のケガ

2018.05.28 | Category: スポーツ

こんにちは!あさかわ鍼灸整骨院の大西です!

 

今回は手首のケガについてお話します。

 

 

「TFCC損傷」読み方はそのままです。

手首にあるTFCCと呼ばれる靭帯が傷つき

場合によっては靭帯が断裂することもあります。

 

原因は手をついて転倒した時に手首がねじれることで起こります。

スポーツでは空手、合気道、相撲そして機械体操などに多いです。

 

(ちなみに僕も同様のケガを負っているのですが原因は自転車での転倒です)

 

症状は手首の小指側に痛みを感じたり

手首を小指側に曲げたり肘から先をねじることで痛くなります。

 

痛みがある時は基本的に安静にしましょう。アイシングをするのも良いです。

 

我々、整骨院では手首の小指側にあるでっぱりを押さえ

そこがへこむことでTFCC損傷ではないかと疑います。

 

 

このケガは靭帯の損傷に近いもので自然治癒することは難しいとされています。

どうしても治したい場合は手術になります。

 

トレーニングで再発予防をすることも困難で

うまく付き合っていく他にないのかなと思います。

 

ですが!次回はTFCCを損傷してしまったがもう痛みが無い人のために

スポーツ中に痛みが出にくくするテーピングについてお話したいと思います!

 

乞うご期待!

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日