MENU TEL

Blog記事一覧 > 巻き爪 > 爪水虫の予防法

爪水虫の予防法

2018.05.25 | Category: 巻き爪

こんにちは

あさかわ鍼灸整骨院 浅川です。

 

爪水虫の原因菌である白癬菌はどこにでもいてます。

足のアカや皮膚、髪の毛は白癬菌のエサになるので、

綺麗に毎日掃除している家の中ならともかく

銭湯や温泉、プールなど不特定多数の方が

裸足で過ごす場所には必ずいてて、

数か月から1年以上も生きているのです。

 

つまり、白癬菌に一度も触れずに一生を過ごすことは

ほぼ不可能だと思います。

 

しかし、白癬菌の好む環境を理解し

そのような環境を作らなければ、

白癬菌に触れても水虫や爪水虫にならないのでご安心ください。

 

まず、白癬菌が足についてから身体の中に侵入するまで、

35度・湿度100%の場合、24時間だそうです。

この環境はどこか?

 

長時間履きっぱなしの靴の中です。

 

つまり、公共の場所で裸足になり、その後

足を洗い流すこともなく靴下や靴を履きっぱなしにして

24時間経過すると白癬菌は肌の中に侵入するということですね。

 

温泉で温もった後、すぐに靴下を履いて

布団にもぐりこんでいませんか?

 

綺麗に中まで手入れをしていない革靴を

毎日朝から長時間履きっぱなしでいてませんか?

 

白癬菌は乾燥した環境が苦手です。

 

ですので、とにかく足を乾燥させましょう。

そして24時間以内に足を洗う。

5本指の靴下を履くのもとってもいいと思います。

 

ほんのちょっと気を付けるだけで

防ぐことが出来ますのでお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒567-0824 大阪府茨木市中津町18-23 プラザタツミ1階
駐車場
電話番号072-633-5425
予 約予約優先制
休診日土曜日午後、日曜日、祝日